膝痛について

もう前みたいに水が溜まらないし、立ち座りが楽に!

一番うれしいのは階段が怖くなくなったこと!

当院があなたの膝痛改善の強力な後押しをします。

※施術効果には個人差があります。

膝の痛みでこんなお悩みはありませんか?

  • 正座はおろか、立ったり座ったりが一苦労・・・
  • 登りもそうだが、特に階段を下るのがギクシャクして痛いし恐いし・・・
  • いつも腫れて熱を持ってる感じだし、年々膝関節が大きくなってきた気がする・・・
  • 病院で水を抜くとスッキリしてしばらく楽になるけど、また繰り返す。これやってていいのかな?・・・
  • 病院や整体院に行っても改善しないから半ば諦めている・・・
  • 手術しても再発したり、反対側が悪くなった人がいる・・・

一つでも当てはまることがある、こんな膝の症状をなんとかしたいなら・・・

任せてください!観音整骨院が膝の症状でお困りの貴方の味方になります!

「膝の痛み」が生じる全ての原因は年齢のせいではない

膝は、立ったり座ったり歩いたりなど、日常の基本的な動きを担っています。絶えず方向・角度を変えながら身体を支えているので、痛みがあると生活上かなり支障が出てきます。

ホントに年のせいで膝の軟骨が減ってきたから?

整形外科では、年齢からくる膝の軟骨の減少でそこに摩擦が起こって発症するとされています。

レントゲンを撮って骨に異常がないとなれば、湿布や鎮痛剤などで対応します。また、水が溜まっていたら注射で抜いてくれます。

が、しかしこれは正しい対応なのでしょうか?

しばらく様子を見た後、それでも改善が見られなければ手術を勧められます。

 

膝の痛みの本当の理由は両隣りの関節と関係している!!

ヒトの身体は、多くの歯車(ヒトでは骨格や関節がこれに当たります)が緻密に連携し合う、精巧な高級時計みたいなものです。(本当はその比ではありません)

膝関節は、自らはモモの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)と上下でつながり、両隣りには股関節と足の関節があって、絶えず方向や角度を変えながらバランスを取っています。まるで忙しい中間管理職です。

このような状況下に置かれていることを考えると、膝に痛みがあれば、たとえ膝の関節や骨の形は正常でも、他の関節の動きがおかしくなっているのではないか?と考える必要があります。

普段から姿勢が悪かったり、仕事などで身体に過度な負担のかかる使い方をしていると、骨盤や足には徐々に歪みが出来てきます。

それらの歪みの影響で異常な力が膝に掛かると、摩擦が発生して関節炎になり、その結果痛みが発生するのです。

 

の痛みの本当の原因は、日常生活の中に隠れています。例えば以下のようなことに思い当たることないですか?

  • イスに掛けては脚を組み、座っては横座り。そういえば脚を組んだり崩す方向は決まって一緒だ・・・
  • 仕事なので仕方ないが、長時間しゃがんで草むしりのような恰好をすることがよくある・・・
  • 作業時の道具の配置が決まっていて、体重のかかり方が片寄っているが自分が合わせるしかない・・・

 

結果ではなく、原因へのアプローチこそが必要!

例えば、取りあえずの対応策として、水を抜いても効果は一時的で、むしろ逆効果です。

膝に水が溜まった状態は痛いし、気持ちが悪いし、動きも悪くなります。そこで水を抜けばスッキリして痛みも減り楽になった気がします。でも、何故かまたすぐ水が溜まってきてしまいます。

何のために膝に水が溜まってくるのでしょうか?それは身体は膝のうつ熱を取るために身体の水分を膝に集めて冷やしてくれているんです。熱が膝を壊してしまうので、水が溜まるのは膝を炎症熱から守るための自衛手段なのです。

大事なのは安易に水を抜くことではなくて、外から氷や水で冷やしてあげることなのです。

これと全く同じで、不調が出ているのは膝なのですが、その根本原因は全身の骨格や近隣の関節との連携がうまくいっていないからなのです。そこにアプローチしていく必要があります。

 

ご安心下さい!膝の痛みは当院にお任せ下さい!

当院では、体の負担を限界まで少なくした、骨盤や背骨を優しくゆらゆら揺らすだけの施術法を行います。

これにより、全身の骨格が正しい位置に戻ってきます。

その結果、膝に異常なストレスが掛かることがなくなり、膝の関節炎は収まってきて、やがて膝痛は解消されていきます。

また、膝関節の滑りをよくするアプローチや、必要に応じてテーピングを施します。

 

もう膝の痛みが治らないと諦めなくて大丈夫です。

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。